この間YouTubeのショーツで
声優さんのインタビューの動画が流れてきて

衝撃のような感動を受けたんです。



その声優さんは確か、
エヴァンゲリオンの碇シンジ役の女性。

声優を志す学生からの質問に答えるという
内容でした(多分ね。笑)



その中で仰られてた言葉で、

「なりたいって人はほとんどがなれません。

この仕事(声優)はなりたい人がなる仕事ではなく、
"選ばれた人がなる仕事"なんですね。」


という言葉に正しくその通りだなと。



演技に自信があるという方はよくいるけど、
最低限の演技力があるのは大前提で

同じ作品を作る上での
コミュニケーション能力だったり、

没頭してる趣味だったり、
色んな能力が必要なんです。


とその方は仰られてました。




改めて当たり前かもですが、
そういう事を大切にしたいです。

技術だけじゃなく、
やっぱり結局は心の部分。



どこに行ってもそれは
必ず必要な力なのです。

逆に演技力はなくても、
チームや作品作りに必要とされる人になる。
ということも大事ですよね✨



だから同じ人が選ばれてる!とか
そんな風に見てしまえば

きっと憎しみのような感情が生まれますし
面白くないと思います。




でも結局は選ばれた人がなる仕事。




今の自分をもう一度見つめ直して、
どの舞台でも、作品でも、
どの劇団でも必要とされるように。


選ばれる人になろうと思いました☺️





毎日がオーディションというのは、
そういうところからなんですよね。

きっと。






杉山 将生