自分が誰かに蔑ろにされていると感じている時は
自分が自分のことを蔑ろにしている時だったりします。

だから、実は相手を変えようとしてもしゃーないのです。

まず、そもそも他人を変えることってできないし、
もし、仮に蔑ろにされていると感じる人が変わったとしても、
きっと他の誰かから蔑ろにされていると感じ出すと思います(笑)

なぜなら、原因は自分の中にあるからね。


自分を蔑ろにしてしまうのがやめられない時は、
きっと合わないことを、合わないステージでやっています。


だから、自分が蔑ろにされていると感じる時ほど

自分にふさわしいステージに立つことを意識して、
自分に合っている場所に行くことにフォーカスしてみましょう。


華やかな人は華やかにしてればいいんです。
傲慢な人は傲慢でいればいいんです。

華やかなのに地味なフリをしたり、
傲慢なのに謙虚で無害な人のフリをして過ごしていると
蔑ろにされているような感じがしちゃったりしますからね。


周りから認めて欲しかったら、
まず、自分が自分のことを認めてあげないと。


そして、自分のことを認めるには、
ちゃんと自分にふさわしいことを自分にさせてあげないと。


自分に合わないことをしてたり、
自分に合わない格好をしてたり
自分に合わない環境にいたりして、


自分のことを認めるなんてふとぅーに無理じゃないか?


「まずは自分」が基本です。

相手を変えようとしても何も変わらないけど、
自分を変えると全てが変わりますよ。


---------------------------------------------------


椎原さんという方の記事。
僕はこの方のことをよく知らないけど
記事だけは結構何年も読んでます。


でも本当にそう思う。

自分を変えるってさ”課題を治す”こと
ばかりじゃないんだよって伝えたい。






俺は実はというと、
もっと活躍していい人間だと思ってる。

俺は誰が言おうと、
このまま終わる人間じゃない気がしてる。



表紙をかなえて俺はおわりじゃないぞ!
みててくれよー!


だから配信も意図的にあまりやってません!
それよりも有意義な時間を過ごしてますし
これからもっと大きくなるためにです。

だから信じて待っててな☹


2/18-19 舞台『記憶』
ここで必ず成長した姿を見せるので
絶対見に来てください。

この作品でみんなを救ってやるぞ!



杉山 将生