2020-09-14 23:58:28

川森 萌可、「一緒に一歩を踏み出したい」初のバースデーワンマン配信ライブへの想い

2019812日、MONA FASHION fesBeyond the Frame~にて1人のアーティストが誕生した。MONAアーティスト川森萌可。

Zepp Namba Osakaでデビューを果たした彼女がこれまで感じてきた想い、そして思い描く今後とは。


インスタライブ、路上ライブ、数々のチャレンジを経て、ダンス、バラード、バンド、いろんな顔を見せてくれる魅力満載の彼女の世界観に思わず引き込まれること間違いなしだろう。


MONAアーティスト初となるワンマンライブでは、川森萌可本人が作詞を手がけた『it's my new life』を初披露!


その他にも盛りだくさん!

川森萌可ワールドをぜひ堪能していただきたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

川森萌可バースデーワンマン配信LIVE

9/27()15:00スタート

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「人に元気を与えられる存在になりたい」 

-デビューが決まったときの気持ちは?

川森 萌可

オーディションを受けさせていただいて、デビューが決まった時に、本当にここしかないな、「絶対自分が取る!」って思っていたので、夢みたいって言うのと同時に、夢が目標になっていました。


デビューする時にはその目標がもっと先のものになっていたので、わーって浮かれた感じは思った以上になくて、びっくりするぐらい冷静でした。


MONAアーティストの御三方が本当に憧れで、絶対にあそこに行きたいって想いと、ずっとずっとちっちゃい時から思ってた夢が叶った瞬間でもあったので、冷静な自分と、夢が叶ったって自分と、めちゃくちゃいろんな人がいたから、自分が今ここにいるなって感謝が溢れてくる気持ちと。


なんか、複雑でした。

-アーティストとして、思い描いてた通りに進んでいますか?

川森 萌可

オーディションが決まった時に、言い方が違うかもしれないですが、謙虚じゃないから嫌だけど、自分のためのオーディションだなって思うくらい、掴むって思ったんです。なので、そういう意味では思い描いてた通りに進んでたかもしれないです。

かっこいい!!

-いざデビューが決まった瞬間から、デビューステージの時の気持ちを教えてください。

川森 萌可

あの時は必死の必死でしかなくて。

曲が23日前に届いたんですけど、色んなことを考える余裕もなく、ただただやるしかないっていうのだけで、不安になる余裕もなかったです。それくらい、ステージに向けて夢中になってました。

-舞台袖でずっと歌ってたイメージが記憶にあります。

川森 萌可

ヒトリルームさんが曲を作ってくださったんですけど、ヒトリさんが苦しみながらも生んでくださった最高の曲だっていうのとか、主題歌になる曲だっていうのとか、ヒトリさんが生で演奏してくださっているんだっていうのとか。

それこそ"楽しみにしてるね""頑張ってね"っていう言葉をめちゃくちゃいただいて、楽しみにしてくださってるスタッフさんだったり、MONAモデルさんだったり、ファンの方だったりっていう、みなさんからのパワーが大きかったので、これは結果でちゃんと返さないとっていうものはありました。

-自分の曲の中でこの曲思い入れあるなっていう曲はありますか?

川森 萌可

いや~むずかしい!!!なんですかね、、、!

ある意味先日MONA LIVEでやらせていただいた、『Badgood kiss』は自分にとっても挑戦でした。

私自身もなんですが、川森萌可にセクシーとか大人っぽい色気みたいなのを、私もみなさんもイメージを持たれてないと思っていました。

なので、発表させていただくからには、自分の中である意味、聴いてくださる皆様が鳥肌立つような、うわって思ってくださるようなインパクトがないと、意味が無いと思ってたし、それぐらいの物にして届けたいって言うのがありました。

新たな挑戦って意味では『Badgood kiss』はすごい心に残っています。

-本当に鳥肌立ちました!

シンプルにその曲の迫力を感じてほしいって言うのはあるのかなと感じたのですが、

Badgood kiss』を通して、伝えたいこと、この曲に込めている萌可ちゃんのメッセージはありますか?

川森 萌可

良いか悪いかは別として、恋愛をした時や、誰かを本気で好きになった時の気持ちとか、一途にぐーっといっちゃうこととか、共感できる人が多い曲なんじゃないかなって思います。

-前回MONA LIVEで初披露だったので、パフォーマンスに目を奪われた人も多いと思うから、今のを聞いて、2回目を聞く時の楽しみになりました!

川森 萌可

ある意味登場人物はダメ女なので、それに浸ってもらえるのも楽しいんじゃないかと思います。

-今既に幅広い曲にチャレンジしてると思うのですが、今後チャレンジしたい曲や、力を入れていきたいことはありますか?

川森 萌可

ダンスボーカルが川森萌可の色になったらいいなとは思ってます。

-もともとダンスボーカルやりたいって言うのはありましたか?

川森 萌可

はい。ずっとちっちゃい時からグループでやりたくて、グループに憧れていたのですが、プロデューサーに自分が知らなかった可能性っていうのを見つけていただいて、今があるなって思います。

-グループをやりたいなって思ったきっかけは何でしたか?

川森 萌可

嵐さんのファンで、ずっと見てたから女版嵐になりたいって思っていました。

-嵐さんのファンになったきっかけは何だったんですか?

川森 萌可

テレビで見て、ファンになって。

小学校の頃、自分の殻に閉じこもってる時期が長かったんです。

その時に嵐さんが好きで、テレビで見てて、その時にだけ笑顔になれたというか、楽になれたというか。うわーこんなに人を変えられて、元気を与えられる仕事や嵐さんみたいなことしたいなって思いました。

だから、私も歌手になってその存在になりたいなって思ったのがきっかけでした。

-小学校の頃からの夢ってことですよね?

川森 萌可

はい!!!

私の歌手として活動していく中での夢っていうのが、夢を叶えるコミュニティを作ることなんです。


 初のワンマンライブが決まった時の心境は?

川森 萌可

感謝が一番大きい。夢を叶えさせていただくスピードだったりとか、チャンスをいただける事とか。やっぱりMONAに入れたのも、今居れるのもそうだし、今活動できてるのもそうだし。

私自身バレーボールをやめて挑戦したっていうのもあったので、背中を押してくれた友達だったり、家族とか、見つけてくださったエージェントさんやプロデューサーの方。そしてたくさんのファンの方々だったり。そんな方達が居て、今ここに立ててるんだなっていうのが一番最初に出てきた感想で、その感謝が溢れた瞬間でした。

 一番最初に誰に伝えた?

川森 萌可

お母さんに伝えました。「あんたの夢を応援する」って本当にちっちゃい時から言ってくれてたので、おめでとうってめっちゃ喜んでくれました。

 今回のワンマンライブを通して一番届けたいメッセージやテーマはありますか?

川森 萌可

私の歌手として活動していく中での夢っていうのが、夢を叶えるコミュニティを作ることなんです。元々何もない普通のバレーボールをしてた子で、何か秀でたものがあるわけでもなかったからこそ、選ばれた人だけが夢を叶えられるんじゃないっていうのを、私だからこそ届けられるものがあると思ってて。夢は持ってるけど一歩踏み出せない方とかたくさんいらっしゃると思うんですけど、バレーボールをしてた時に私自身が一番自由になることの難しさだったりとか、踏み出す難しさっていうのを感じてたので、誰かの一歩踏み出すきっかけになれたりとか、一緒に進んでいこうって、一緒に夢を叶えていこうっていうメッセージを届けられるLIVEにしたいです。

 夢に向けての第一歩ってことですね。

川森 萌可

その一歩目を、一緒にみんなで踏み出していこう。一緒に進んでいこうっていう感じですね。

 言える範囲で見どころや注目ポイントは?

川森 萌可

「そうきたか!!!」っていうのが何個かあると思うので、予想してなかったことが起こるLIVEになるんじゃないかな、と思います。

 歌う時に一番大切にしていることは?

川森 萌可

歌詞の世界観と歌詞の意味を伝える、届けることを一番大切にしてます。

 歌い始めた瞬間に、そこにいる人達や見ている人達をぐっと引き込んでいって、その空間に入っちゃう感覚がありますよね。

 理想のアーティスト像はありますか?

川森 萌可

目指してるアーティストは、嵐さん。女性で言えば安室奈美恵さん。一番に掲げている夢は五大ドームツアーです。やっぱりチームMONAでいろんな夢を叶えていきたい。チームMONAで五大ドームツアーをするっていうのももちろんだけど、一人一人がいろんな夢を叶えていって、でもその元にあるのがMONAっていう意味でのチームMONAを作っていきたい。

 ワンマンライブに向けての今の想いを聞かせてください。

川森 萌可

いろんな方に支えていただいてできるワンマンライブだし、初めての挑戦でもあるので、一番に皆様への感謝を届けたい。やっぱりコロナでなかなか会えなかったりイベントができなかったりとか、それ以外でもコロナの影響で生活とか仕事とかしんどいこととかある世の中になったじゃないですか。そんな時だからこそ、一緒に一歩踏み出したいというか、手を取り合っていこうというか。そういう時間にしたいなっていうのがあるので、一緒にワンマンライブという時間を過ごしていただけたら嬉しいです。

川森萌可アーティストページ

https://mona.style/artist/kawamori-moca/

MONAアーティスト川森萌可
バースデーワンマン配信ライブ
【チケット購入先】
グッズ購入先MONA SHOP
https://mona.style/shop/

〈取材・文=riho、大森 彩葉〉

投稿記事
  • 【大人気!】話題のMONDIAL KAFFEE 328 松本さんインタビュー
  • 【MONA×MONDIALコラボ企画!】〜3名が商品に込めた想いをインタビュー!〜
  • 川森萌可 【オフィシャルグッズ大特集!】〜込められた想い〜
  • 川森 萌可、「一緒に一歩を踏み出したい」初のバースデーワンマン配信ライブへの想い
  • 「ベスト・オブ・腹筋」〜男には負けられない戦いがある〜
  • #おうち時間も気分が上がる♬MONAモデルのお部屋大公開!
  • 【ストレッチ企画第2弾】おうち時間もスッキリ★ 簡単ストレッチでなまった体を撃退!
  • 【ストレッチ企画第1弾】おうち時間もスッキリ★簡単ストレッチでなまった体を撃退!
  • #おうち時間も可愛く♡ 誰でもできる簡単ヘアアレンジ特集
  • おうち時間のおともに♡ ジャンル別 MONAモデルの好きな映画4選 
  • frecia デビュー直前インタビュー!
  • FM OH! (85.1MHz)「we are MONA」 番組ディレクター池田さんへインタビュー!②
  • FM OH! (85.1MHz)「we are MONA」 番組ディレクター池田さんへインタビュー!①
  • Glanz from MONA ”VISION” 〜5大ドームツアーを目指して。〜
  • Glanz from MONA 〜感謝と共にワンマンの記憶を呼び起こす〜
  • Webドラマ「ラストメロディー」〜舞台公演直前の想い〜
  • Everybody,Glanz!! 〜Glanz初ワンマンLIVE126〜
  • 第三弾★Glanz武者修行レポート  〜Anyone can be anything〜
  • 第二弾★Glanzワンマンまでの道のり ~武者修行編~
  • 第一弾★Glanzワンマンまでの道のり ~選ばれてからの心境の変化編~
  • 舞台『タカラモノ』の出演者へインタビュー〜12/27・28の追加公演と今後のビジョン〜
  • タカラモノ 〜お稽古密着編〜
  • 豪華メンバーが贈る! “青春×音楽” 『ティーンスピリット』 ~リアルシンデレラストーリーを歩む MONAモデルが伝えられる魅力~
  • 宅間孝行さんへ突撃インタビュー!~宅間孝行さんの伝えたいこと、そして"タクフェス"の魅力〜
  • はじめまして、MONA PRESS部です!

Special Contents

ページTOP